千葉のSNS映えスポットを観光タクシーと巡ろう

千葉には多数のSNS映えスポットがありますが、それらを交通機関で回るのは困難です。確かに電車やバスで行ける場所もあるものの、本数が限られることも考えられますし、スケジュールが時刻表に左右される点もネックといえます。そのため、効率的に巡るのであれば、観光タクシーを使ったほうがよいでしょう。観光タクシーならいつでも好きな場所へ行けるうえ、スケジュールも自由に組むことが可能です。

まずどのスポットに行くか悩むかもしれませんが、ぜひ農溝の滝へ足を運んでみましょう。ハート型の非常に珍しい滝壺が特徴で、3月や9月の晴れた日の早朝は、神秘的な風景を写真に収められる場合があります。しかし駅からは非常に遠いため、アクセスには車が欠かせません。もし早朝に出発する場合、前日からレンタカーを借りておかないといけないでしょう。その分費用も高くなってしまいます。一方、観光タクシーは時間を気にせずに利用できます。料金も時間制ですので、レンタカーを借りるよりも費用を節約できる可能性があります。ただし、早朝料金が生じる場合もありますので、予約前にタクシー会社へ確認しておくことをおすすめします。

幻想的な一枚を収めたい方は、江川海岸へ行ってみましょう。千葉のウユニ塩湖とも評される美しい場所で、海岸に並んだ電柱と海面に反射したの光が独特の風景を織りなしています。車で15分ほどのところに遊園地もありますので、子供と一緒に途中で立ち寄るのもおすすめです。観光タクシーは事前に用意されたプランを選ぶこともできる一方、自分でプランを自由に決められます。

SNS映えするスポットとそれ以外を合わせることで、オリジナルの観光を楽しめます。東京湾と夕景や夜景をセットで撮影したいなら、中島地先にあるパーキングエリアがおすすめです。東京湾を一望できるエリアで、パーキングエリア内にはフォトスポットが設置されています。観光タクシーで訪れることができますので、旅の最後に立ち寄ってみるのもよいでしょう。

もし家族や友人と一緒に写真を撮りたい場合、ドライバーがカメラマン役を担ってくれます。全員が写った一枚を残せますので、ぜひ夕景や夜景を背景に撮影してもらいましょう。反対にカップルで訪れた時などは、ドライバーに車で待機しておいてもらい、自分たちのみで観光を楽しむこともできます。限定のお土産品も多いため、たくさん買い込むのもよいでしょう。観光タクシーは荷物をトランクへ積み込めますので、もしお土産などを買いすぎても安心です。